サラ金と闇金との違いとは

サラ金は、サラリーマン金融の略称です。今では消費者金融と呼ばれますが、無担保保証人不要の個人向け融資を専門的に業務とする業者が現れた時には、給与所得者をターゲットにしていました。クレジットカードとは違い、キャッシングです。事業主は避ける傾向にありましたので、「サラリーマンが利用する貸金業者」ということで、「サラ金」と呼ばれていました。そののち、専業主婦や事業主でも利用可能な業者が増え、サラ金という言葉はあまり使われなくなりました。手軽にお金が借りられる手段として認知され、それによって借り過ぎなどの借金地獄が社会問題化したことで新聞記事などに掲載されていましたので、イメージが悪い略称として定着したことも、今では使われなくなった一因です。闇金との違いのポイントは、利息です。一昔前までは今のような上限金利ではなく、みなし金利を使ったかなりの高利で、100万円を超えない借金に対しては、最高29%の利息で貸し付けを行うことも、法律の範囲でした。今でこそ10万円から100万円未満であれば18%が最高と決まっていますが、その法律ができるまでは、29%でも法律にのっとっていたわけです。今その利息で貸し付けを行えば、闇金となってしまいます。要するに「闇金」とは、法律で定められた利息以上で貸し付けを行う業者です。違いを見分けるときには、利息を見ればわかります。また貸金業者でありながら、「審査がない」「総量規制関係なし」となれば、それも疑わしきポイントになります。